« 2014年3月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月26日 (木)

夢とヒーリング

夢のことを悲しんで10日間くらい

泣いて暮らした。。空虚感から抜け出せないまま

いつもの生活は始まり

夢だけがいない。。。後悔だけをしていた時から

だんだん現実として受け入れ

夢との12年間の楽しいことばかりが

思い出される

アニマルヒーリング

シータヒーリングで魂と繋がることもできる

20151014_202922
20151014_202841
20151014_202917_2

夢はなんでもさせてくれたな

そしてスヤスヤ眠っていく

夢とヒーリング

夢が旅立って

段々心の整理がつき

納骨の日にちも決めることが出来てきた

写真の整理も少しづつしていこう

その中の画像から。。。

夢のヒーリングの写真

何度も夢はヒーリングで病気を治してきました

私はヒーリングをしますが

その前には必ず

病院で病名を把握しながら進めます

2015年夢の眼が開かなくなりました

20150907_213903
目ヤニも出ていて

病院では何らかの原因で

角膜に傷がついているとの事

目薬で。。。が。。夢は痛みがあるようで

薬を拒否

ヒーリングを2日間流し続けました

20150907_212841
20150907_212850
夢はヒーリングがとっても好きで
20150907_213749
いつもスヤスヤ眠っていきます

Photo
ヒーリング2日後

夢の眼がパッチリ開きました

外耳炎でひどい時も

長引きますよって先生に言われながら

1日で完治してしまった

夢には

ほんとうに効果がありました

今回は

本来なら1週間ももたないと言われていた

膵炎で3か月苦しまなく過ごせました

目に視えない世界のこと。。

だけど

明らかな効果がある

大腸癌を見つけて簡単な手術ですんだ方

癌が小さくなったり無くなったり

データーが改善して手術しなくてすんだ方など

旦那くんは

股関節痛が軽くなり整体に行かなくて良くなった

サロンへ来ていただく方に

治療をしている訳ではない

症状と心に寄り添って

クォンタムタッチを施術させていただいたり

Quantumlogo

アクセスバディプロセス
7446_nzvkogrkzmm2yzhhn1

ヒーリングは信じる心も大事

2017年1月25日 (水)

ペットの地蔵盆

地蔵盆

ペット供養祭でした

Img_20170124_130440
Img_20170124_132933

夢ちゃんの納骨させてもらう霊園

毎月24日に地蔵盆が執り行なわれています

初七日で、

ご塔婆供養をしていただいたのですが

一緒に般若心経を唱えさせていたただきました

こうしてご供養していただきながら

夢のいなくなった生活に慣れていきます

写真はどこからともなく出てきて

思い出が溢れています

悲しい出来事ばかりで

私の心がついていけません

2017年1月22日 (日)

夢のシータヒーリング

夢に手紙を書こうと思っていたのに

先に夢から手紙が届いた

シータヒーリングで

  魂と繋がることができます

未来を視ることが出来たけど

 夢には使わなかった。。。

 夢の未来は視えなかったから。。。

昨日夢ちゃんと会って

  まるまるの夢の感触が嬉しかった

  そんな翌日届いた手紙

おかぁしゃんへ

おかぁしゃん もう泣かないで

今とってもふわふわした

気持ちのいいところにいるよ

病気の時は

ちょっとしんどいなって思ったこともあるけど

それよりも

夢は

おかあしゃんを独占できて

いっつもドライブできることの方が嬉しかったよ

おかあしゃん お仕事忙しくて

寝てないのに

毎日夢の世話で

おかあしゃんの方が倒れないか心配だったよ

おかあしゃん

黙って逝っちゃってごめんね

あれから

おかあしゃん 自分ばかり責めてたね

夢を連れてきて。。病気にさせちゃったって

違うよ

夢はあかぁしゃんのとこに来たから

病気もせず12年も生きられたんだよ

4か月の時

おかあしゃんが急に来て

とっても不安で怖かった。。連れて行かれるの

夢のお母さんや

お姉ちゃんと離れるのが寂しかった

だから

おかあしゃんを ガブってしちゃったの

ごめんね

でもね

おかあしゃんが3日後に迎えに来てくれてから

ずっと抱っこしてくれたね

いっつも一緒に寝てくれて

ちっとも寂しくなかったよ

しあわせだったよ

いろんなところにも連れてくれて

いっぱい遊んでくれたね

お洋服もいっぱい買ってくれて

おやつはいっつもダメって言うから

もっと食べたかったな

散歩は嫌いだったけど

途中でおかあしゃんが抱いてくれるから

嬉しかった。。いっつもいっつも

抱いてくれて嬉しかったよ

おかあしゃんと

いっつも一緒で楽しかったよね

夢は

おかあしゃんの子どもになって

ほんとうにしあわせだったよ

だから

もう泣かないで

おかあしゃん

早く骨にしてくれてよかったよ

だって

おかあしゃんの目に

綺麗なまま残って逝けたから

夢はね

ずっとずっとしあわせ

いっぱいの思い出忘れないよ

生れた時から夢の命は

12年って決まっていたの

だから

おかぁしゃんとのお別れ

どうしようか。。パタンって逝ったら

おかぁしゃんパニックになるし

だから最後病気になったの

食べなくてごめんね

3か月間おかぁしゃんがくれた愛情

忘れないよ。。しあわせいっぱい

おかぁしゃんの腕の中で

夢は深く眠ってしまったの

おかぁしゃんに気付かれないように

静かに逝くよってここちゃんに言ったの

だから

夢の身体 冷たくなっていかないように

暖めてくれていたの

ここちゃん寂しいって

だから

おかぁしゃんここちゃん抱っこしてあげてね

夢がおかぁしゃん独占してたから

ずっと我慢してたんだよ

いっぱい可愛がってあげてね

夢が逝ったこと

おかあしゃんに知らせたのランちゃんだよ

腰にのったこともわざとじゃないから

許してあげてたよ

力くんもここちゃんもらんちゃんも

みんなおかぁしゃんのことが大好きだよ

だから

おかぁしゃんもう泣かないで

夢は

おかあしゃんのこどもでよかった

おかぁしゃん

もう責めないで

夢は

こちらでおかぁしゃんを待ってる

しあわせだよ

痛みもないし

食べたいものいっぱい食べれてる

いつか

おかぁしゃんと会える日まで

ずっとずっと忘れない

大好き

Photo

Photo_2
Dsc01098
Img_4056

夢ちゃん 大好き

愛してる

これからもずっと

2017年1月21日 (土)

夢と再会

仕事に追われてる。。

忙しくしているのはいいこと・・?

新しいプロジェクトが動き出した。。

2017年私は大変化がある。。そう生徒さんにも

断言していた。。その波がじわじわと来ている

そんな多忙な仕事とは裏腹に

こころがまだついてこれない。。。。

クライエント依頼の

ヒーリングセッションが続き

これではいけないと。。。

今夜は夢に。。。

魂ヒーリング

夢に会いに行くのは初めてだ

夢はふわふわの雲かな?

そこで立っていた。。。

とっても安心したような顔で

「夢ちゃん」。。嬉しそうに寄ってきた

抱っこすると

丸丸太ってた

あの骨骨しい夢じゃなかった

以前 夢ちゃん太った?って言いながら

笑ってた時の夢だ

「夢ちゃん 痛くない?

何がしたい?

ご飯もちゃんと食べてる?」

夢は「おかあしゃん大丈夫」

ずっと待ってるから。。って言ってた

夢は毎日泣いてる私を見ながら

虹の橋のたもとには

まだ行ってないみたいだ

他にはわんこはいなかった

それでも夢は寂しそうじゃなかった

安心してその場に置いて

私は現生に帰ってきた。。

何のこと???おかしくなったと

思う方がいるかも。。。。

誰でも

出来ること。。。亡くなった魂に会いにいけます

夢が丸丸太っていたのには(^_^)

また会いにいこう

夢の写真はどこからとも出てくる

去年の写真が出てきた

20160711_235428

「おかぁしゃ~ん 上がれない」

20160711_2354272

「がんばって上がっておいで(^_^)」

腰を手術してから

ペットのためのアロマを取得

20160812_215836
レインドロップをしている

20160812_220220

いつもからだを預けて

私にしか懐かない子だったけど

可愛かったな

黄疸が出るまで3日しかなかった

病魔はどこに潜んでいたのか

今 こころも誕生日を迎えて

夢と同じ年になった

心配でたまらない。。。




2017年1月20日 (金)

忙しい毎日

仕事が毎日忙しくなってきた。

今年は新しいステージにも立ち

新たな出会いからプロジェクト

どんどん発信していかなければいけない

スタートラインにたった

昨日は朝から夜までいっぱいで

夜は新プロジェクトの打ち合わせ

資料山積みで

急げと煽られながら

身体と心がついていかない。。

忙しければ時間が過ぎていくはずなのに

忙しければ忙しい程

反動がきつく

夜は夢の遺骨を抱いて泣けてくる。

ペットロスですと断言してから

沢山の方と話す機会も増えた

わんちゃんを2年も前になくされてもなお

自分を責めている方もいる

私はヒーリングをしているので

そのワンちゃん達が

メッセージを伝えてくる

そのメッセージをその方にお話しして

ずっと思い悔やんできた気持ちが

救われたと言ってもらえたり。。。

私は夢のことばもわかる。。

夢の魂と繋がれば今も話せる。。。が

。。。。。。。

旅立つ3日前から夢は起きて

ずっと私を見ていることが多かった

「夢ちゃん寝なさいよ」といっても。。

最後の病院の帰り道

いつもなら車で眠っていくのに

その日は

点滴がつらかったのか

待合室まで

夢の呻き声がずっと聞こえてきてた

飼い主さん達が

夢を見て涙してくれた

「もう静かに過ごさせてあげましょうか」

先生が待合室で言ったからだ

絶望と恐怖。。呆然とした

夢を腕に戻してもらった時

「夢ちゃん 点滴はもうやめようね」

安楽死をも考えた。。。。。

それでもおかあしゃん大丈夫と

翌日の朝少し元気になった。。。

諦めない。。生きたい。。。

もっと一緒にいたい。。。

夢は諦めなかった

帰り道助手席で ずっと私を見てた

まだ3か月も通っていない道

もう夢を連れてくることはないのか。。

涙が溢れて前が見えない。。

次の日も夢は夜も目を開けてた

「おかぁしゃん おかあしゃん」

夢からは その言葉しか受け取れなくて

苦しいとも言わなかった

仕事が山積みの私は

夢を隣に置いて 抱いたり置いたりしながら

いつもならそのまま寝ていく夢が

「おかあしゃん 今夜はお仕事やめて

抱いて」ってメッセージを出してきたので

私は

夢を抱いて。。。。。。夢の身体は

どこを触っても骨が痛々しくて

最後の力を振り絞って

自力で水を飲んで

今日明日が峠。。。夢を腕に抱きながら

体温調整が出来ない夢の隣には

心がぴったりくっついて

私の首筋に夢の浅くて速い呼吸が

伝わって。。。静かになって

ふいに重くなり。。。。。。

息を引き取ったことさえ

気付かないくらい静かに。。。

暖めたら。。。。

私は2時間くらい夢と心とランと

何も考えず夢を抱いて。。。

わが子のように思ってきた

その子が

どんどん痩せていく。。

自分の身を切るようにつらかった

夢を隔日に伊勢まで連れていく体力

おかあしゃん頑張って食べるよ

夢ちゃんおかしゃんは元気でいるから。。

それなのに

夢が旅立ってから

初七日まで私は食事ができなかった

夢のことを思うと

食べたくても食べれなかった夢

初七日過ぎて心の整理がついたと思ったのに

私はまだまだだ

犬でしょとか

言われる方もいる

ペットロスなんて何??って

でも

大事なものをなくした悲しみは

誰でも察することができる

犬だけど家族同然に

あたりまえのようにいた風景から

夢だけがいない

2年もたっても。。。と一緒に泣いてくれた人

そうだよね

なくした悲しみは日々薄らいでいくけど

昨日のように思い出せるほど

その人の心には残ってる

悲しみを押し殺す必要はないのだ

昨日は打ち合わせしながら

早く。。と言われつつ

ペットロスだから。。。

いつスイッチがはいるかわからんって

(^_^)ゆっくりしていてはチャンスを逃すのに

なるべく出ていくようにはしている

愛するワンちゃんや猫ちゃん

なくした方がいたら

そっと寄り添ってあげてください

言葉はいりません

家族をなくした悲しみです

とても孤独と闘っています

さりげなく優しさをあげてください

元気そうに見せていても

心の葛藤で

一日の中で不安定になっています

励ます言葉もいりません

わかっているのだから

元気を出してください。。なんて

無理です

どんな言葉も受け取れないです

ただ

黙って。。見守っているよって

ことだけ伝えてあげてください

私は沢山の方に

助けていただきました

つらいって言える

それを受け止めてくれた人たちもいます

人は一人では乗り切れません

どんなことでも

別れはつらい。。その悲しみを

受け止めてあげてください

そういう周りの温かさで

その中で

乗り越えていきます

昨日も1時間ワンコ好きな子と

電話で話していた

悲しみを押し込まないでって。。彼女も

3わんこを見送っている

いろんな意味で

100%満足いく見送り方は

飼い主さんにはない。。

後悔だ。。。

それも又自分で受け止めて

乗り越えていく

2017年1月17日 (火)

夢に会いたい

Photo

夢に会いたい。。

どうしようもなく泣けてくる。。

12月23日心の輸血で

夢が助かった。。。

それでも10日間しかもたない。。

その言葉通り

夢は10日後だんだん悪くなっていった

心からはもう

血はもらえない。。。

どうすることもしてやれなかった

心は4日から

夢が長くないってわかっているのか

傍を離れなかった

Img_20170103_014333
Photo_2

心も夢も本当に

好き同士だったんだね

心も夢のいない今

どんな気持ちなのかな

寂しいかな。。。

頑張っても頑張れない時がある





2017年1月16日 (月)

出発

長いトンネルの中にいるような

自分から出発

昨日は「笑い文字」に

誘っていただいて参加してきた

Img_20170116_121828
Img_20170116_121800
Img_20170115_210121
朝から沢山練習した

人に差し上げるといいそうだ

バランスも悪くてまだまだへたっぴだけど

書いていると

気持ちが落ち着く

初ありがとうが

旦那くんが頂戴といって持っていった

夢ちゃんには

特別可愛くかけた子を飾った

今日も夢に沢山の

ありがとうを言った

夢がいなくなって

私の膝は心とランが占領してる

そんなここちゃん

夢の好きな場所に

Img_20170114_191155
Img_20170114_194459
ここちゃんは

夢と違ってちゃんと距離を置いてる

夢は燃えるよってくらい接近してたから

夢のいない生活は

寂しいけれど

今は空虚感というよりは

夢がいたから

これからも頑張れる自分がいるように思う

力と心とラン

この子達とも

もっと幸せにいよう

笑い文字講座を

一緒に行ってくれたTちゃんの

さりげない優しさがとっても嬉しかった

ありがとう

闘病中のワンちゃんの飼い主さん

頑張ってるワンちゃん達に

今日も痛みもなく

心が休まるときがありますように











2017年1月15日 (日)

犬の急性膵炎

12月21日FBの日記

15589933_1045049058940653_730258852
体重が10㌔以上のワンちゃん。

 

助けてください。
夢は心の血液で助かりました。
ランの血液は不適合で使えず、

 

夢が効果があるのが、10日間。

 

心が採血できるのは1か月半後。

 

獣医さんから「他のワンちゃん探してください」

 

私の知り合いのワンちゃんはみんな高齢。
心の準備をしないとね。...

ワンちゃんの保存血
ワンちゃんの血液はないのかな?

 

夢が痛がったり吐いたり苦しがったりしていたら。。。

 

でも何もない。啼きもしない。。

 

それなのに夢の助かる道が

 

他のワンちゃんの血液だけです。

 

とっても元気な大型犬の飼い主さんが

 

いらしたら一度だけ夢を助けてください。。。

 

低たんぱく症になっているので衰弱していきます。
もしももしも伊勢で元気なワンちゃんがいたら。。

 

そんなことを考えながら、

 

望んではいけないことを望んでいる自分がいます。
これが延命処置だとわかっています。
わんこには寿命がある。

 

夢は12年生きてくれました。

 

静かに静かに痛みもなく逝かせてあげられたらしあわせ。

 

私は諦めず一日一日

 

夢が頑張ってるのを見守って行きます。

 

クリスマスを迎えるぞ。夢も歳を超すぞ。

 

昨日は輸血のおかげで夢がささみを食べました。

 

ここちゃんありがとう。

15665510_1045049062273986_734718793
夢が低たんぱく症を引き起こし

輸血が必要になり

心から輸血してもらいました

10㌔以上のわんちゃんなら

沢山の血液をもらえるのですが

心は5キロもないので

60cc取れるところを高齢なので

40cc採血しました

それでもその血液は夢には

10日間しか効果がありません

その後

輸血がないと夢は衰弱していきます

心からは1か月半は採血できないから

クリスマスを超すぞ 

年を越すぞ

10日間しかない命なら

精一杯今を生きようね

夢が食べたいものは何?

夢がしたい事?

いっぱいいっぱい抱いてあげるね

夢と一緒に諦めなかった

輸血して夢は

歩けるように元気になった

腹水は少しづつ溜まってきていた

それでも

Img_20161221_100440
一緒にご飯も食べてる

おしっこも粗相もせず

ちゃんとシートにしてた
12月3日に

タール便を出してから

もう数日です。。と言われてから

奇跡に元気になっていった

クリスマスも

豆腐で作った夢のケーキ

Img_20161225_150935_2
Img_20161225_231419
Img_20161225_232425
顔中ケーキだらけにして食べたね

年も越した

カウントダウンしたね

「お正月だね

夢ちゃん おめでとう」

急性膵炎で

吐き気もなく嘔吐もなく

痛みも外には出さない。出せない

奇跡の回復のように

頑張り続けた夢ちゃん

獣医さんも諦めず

夢ちゃんが頑張ってるから

私も頑張りますと言ってくれた

12月に入ってからは隔日の通院

最後の最後まで生きたいと。。。

急性膵炎が

定期検診で見つかるというと

わかりません

夢は8月に血液検査を受けています

その時には異常はなかったです

ただ

肝炎膵炎の症状が現れてからしか

検査をしない項目があります

その検査は高額なので

定期健診には含まれていません

こちらからお願いしたら

していただけるそうなんですが

まずそういう飼い主さんはいないと思う

何かちょっとでも心配なことがあれば

検査項目に

肝炎膵炎も調べてもらってください

食べれないことが症状のひとつ

脱水も注意

夢が入院した時

4ワンコが同じ膵炎で入院していました

何度も繰り返し再発して入院している子も

夢が退院するとき

他の子はみんないませんでした

元気になっているといいな

膵炎でも治っている子はいます

でも完治は難しく

その後も治療を続けていく

必要はあるようです

ワンちゃんの肥満は

病気の始まり

ワンちゃんが人の食べ物を

欲しがる。。欲しがるからあげる。。は

私たちのエゴではないかな

可愛いクルクル目で

見つめられたら

あげたくなりますよね

それでも

その一口を続ければ

わんこは必ず病気になります

もしもあげたい時は

ささみとかブロッコリーとか

温野菜を。。

わんこの消化は

野菜の繊維を消化しきれないようです

与えすぎないように

2017年1月14日 (土)

夢 初七日

Photo_3
夢が旅立って1週間

朝からお寺に

御供養のお参りに行ってきた

小雪が散らつく中 心とランも一緒

朝から涙が溢れて止まらない

夢を何で 

あんな寂しい火葬場へ連れて行ったのか

もっと傍に置いておけばよかったのか

そんなことを考えながら

涙が止まらなかった

そして

納骨をお願いするペット霊園へ

ちょうどペットの葬儀が

執り行われていた

私は思わず涙が溢れた

そのペット霊園は

まだ出来たばかりで

私も知らなくて

夢の火葬が終わってから知った

もっと早く知っていれば夢は

ここでやってあげたかった。。

ご住職様と修行僧の方

とっても穏やかで優しくて

御供養も心からされている

霊園はいつでもお参りしてよくて

毎月御供養もしてくれて

飼い主さんも参加できるし

お墓の周りが飼い主さん達が

植えていかれるらしくお花がいっぱい

夢は

突然だったにも関わらず

初七日供養をして頂いた

いろんな話をしていただいて

そして私も沢山

夢の思い出を話させていただいた

Dsc01094
Dsc01306
Dsc01098
ペットの葬儀。。

そこは獣医会とお寺が運営している

そこの場所が本当に

癒される空間

今日は

思い切って行ってよかった

初七日。。。不動明王

 現生に未練を持たないように

不動明王尊の剣で迷いを断ち切り

襲ってくる悪魔から守って頂く。

冥界へと招く役目をしてくださいます。

帰り道

私の心の中でやっと安堵の気持ちが。。

午後からは仕事

いつもなら夢の話題はしないのだけど

生徒さんの一人が知らずに

夢ちゃん大丈夫ですか?って聞いてくれた

私は8日に亡くなったことをお伝えして。。

講座終了後は

皆さんのワンちゃんや猫ちゃんの話で

遅くまでみんなと過ごした

声をかけてくれて嬉しかった

そして

夢の話ができた。。つらいって

言っていいんだ

仕事前にあんなに泣いてたのに

初七日供養で心が晴れていた

生徒さんからも

今日の顔が

一番先生穏やかだと言ってもらえた

夢が闘病中3か月あまり

笑えなかった

生徒さんに感謝 ありがとう

どんな後悔があるとしても

選んだのは私

どんなところで供養をしても

それは場所ではなく

夢を大切に送ってあげたいという

気持ちの方が大事

その時は

私なりに考えての選択なのだから

夢もきっと安らかに旅立てたと思う

ご住職様が

夢ちゃん 大事な人とずっと一緒に

最期を迎えられて幸せでしたねって

言ってくださった

私に抱かれて

眠るように逝った夢に

毎日ありがとうって言おう

夢のように病気と闘っているワンちゃんに

痛みや恐れがなく

飼い主さんの心にも安らぎがありますように

夢がいっぱい教えてくれたこと

夢がいっぱい教えてくれたこと

Img_4039
Photo_2

どんな時も

どんなにつらい時も

諦めないってこと

さすが私の子だ

食べれば気持ち悪いとわかっていても

最後まで食べてた。。諦めなかったね

腰が砕けた時

もう駄目だと諦めかけてた私を

見事完治して走ってくれた夢しゃん

その時の日記

そこにも夢から諦めないと

教えてもらったって書いてあった

http://rikiyumekokoro.cocolog-nifty.com/apprenti/2013/11/post-c5c3.html

ブログはありがたいね

その頃の夢のこと

しっかり覚えてる

日記代わりに書いているので

もしも見て下さってる方がいたら

何てワンバカなんだと。。思われてる。きっと

今回は

夢は

「おかぁしゃん もっと自分を生きて」

人のことばかりじゃなく

自分を生きるを教えてくれたように思う

ペットの急性膵炎

仕事が再開して

いつもの生活が始まった。。仕事中は

一切夢の話題はしない。。出せない。。。

その反動がしんどい。。

もっと何か方法はなかったのか?

食べないことへの方法は

Photo
入院して絶食して。。

食べれば数値が悪くなり。。繰り返し

Photo_3
怖いよぅ

段々夢の表情が不安とストレスで

Photo_4
処置も拒むのでカラーを装着

これ以上入院しても改善見られず帰宅

急性膵炎。。。その都度

対象療法を手探りで。。の状態

_20161026_002324
帰ってきたら

いつもの顔に戻り

ご飯も食べたのに。。

Photo_5
Img_20161209_115359

ドッグフードも食べたのに。

Img_20161207_210450

食べなくなって相談すれば

ロイヤルカナン消化サポートという

ドッグフードを出してもらえたけど全く

夢は食べない

Img_20161108_124023

10日に1回の通院で

自宅点滴

それとタンパク分解酵素阻止剤の内服

食べないよりは

何か食べるを

優先させてくださいと言われながら

食べない夢を抱いて途方にくれて。。

買い物行っては

ささみを買ってゆがいて。。食べない

それでもまた買って。。ベビーフードも買いあさった

手作りおやつがいいと聞けば作ったし

手作りご飯も作った。。食べない

日に日に夢の身体からは

肉がそぎ落とされていく。。なす術もなく

ヒーリングを流し続けた

Photo_6
Photo_7

来る日も来る日も

ヒーリングしている時は

夢はスヤスヤ眠ってる

Img_20161127_014257

回復して歩いてる時も
Img_20161206_100831

夢ちゃん 燃えるよ

フォンヒーターにくっついて

ずっと前から好きな場所

Img_20161219_234025_2
この時

あと数日です。。と

Photo_8

アロマで膵炎が良くなった人がいると

聞いて

Img_20161216_230035
Img_20161216_212403
アロマとヒーリングを合わせると

夢が少しだけ

元気になったように思えた

Img_20161210_201251
Img_20161210_202238
12月10日

この日だけは夢はヒーリングはいい

って感じで私の手を舐めてた

私が食べない夢を抱いて

泣くから。。毎日キスをしてくれた

Img_20161225_231433
クリスマス

夢のためにケーキを焼いた

顔中ケーキだらけにして食べた

Photo_9
Img_20161227_230513
Img_20161228_130109
もう動けなくなりながら

12月27日食べた

Img_20170103_074946
お水を飲みながら

おしっこをする。。

おむつをしてあげても汚すのが嫌いで

シートの上にしてた

Img_20170106_145025

最後の日まで食べていたおやつ

Img_20161112_230932
夢ちゃん

他に方法はなかったのかな

砂糖水がいいって聞いてあげたけど

夢は飲まなかったし

肥満でもなく脂肪の偏った食事も与えてない

何が原因だったのか

治療は

いく度に試されるようなことだった

もしかして

これが効果あるとか。。

最後はレーザーをあててもらっていた

それで効果がある子がいるらしい

膵炎は特効薬がない

今私が思うことは

いかに食べさせる。。栄養補給を

どう対処するか

夢は回復食という缶詰を溶かして

流動してきたが

それは

食べないよりは。。というだけの選択肢

膵炎を悪化させる

それでも

衰弱する夢を前に

なす術のない私は

一日数回に分けて

負担が少ないように食べさせて

お水も沢山飲ませた

それだけが

夢の命を繋げると。。

1月5日

治療の打ち切りを先生から打診された

私は

帰って始めて

怒りとやるせなさと失望感で

我を忘れて家族にあたった

精神状態はもうギリギリ

夢を抱いて大声で泣いた

心も驚いて涙をぺろぺろ舐めてた

内臓疾患で病院にかかったこともない夢が

何で膵炎なんかに。。

膵炎は人でも怖い病気

もしも同じ病気でペットと向き合っている方が

いたら

これからもいい情報があったら

お伝えしたい

膵炎は糖尿病も併発するかもしれないけど

食べなくなったら

砂糖水もあげてみるといい

消化するときの膵液が短時間ですむ

脱水にも注意






































2017年1月13日 (金)

ペットロスを乗り切る

ペットロスを乗り切るために大事なこと

悲しみを押し込まない

100%満足のいく看護はない

だからそう思って当然。。充分やった

あの時~~と後悔しない

後悔しても何も変わらない。。

あの時は、それがベストだったと。。だから

他のことを出来なかったんだから。。

涙は一生続かない。。だから

思いっきりなけばいい。。

朝目覚めると

夢のいない隣を見て泣くことはなくなった

その代り

夢のお骨におはようって言ってる

「夢ちゃん ありがとう」

火葬をやめて連れて帰ろうとしているのが

ご住職さまにはわかったのか

自分を責めて手を合わせるのではなくて

一緒に過ごしてきた年月を感謝して

手を合わせておくってあげよう。。と。。

ずっと後悔してきた私は

その時まで夢ちゃんにありがとうって言えなかった

どうして何も出来なかったんだろうと

後悔と懺悔で

胸が苦しかった

心が裂けてしまった

でも今は

私のところに来てくれて本当に感謝

夢が大好きだよ。。ずっとずっとこれからも大好き

夢がしあわせにしてくれた2008年~

2009年はよくオフ会にも行ってた。。楽しかった

過去にワイヤーダックスと遊んだ日記

http://rikiyumekokoro.cocolog-nifty.com/apprenti/2009/06/post-958d.html

力と夢と心とそしてランが2012年から加わって

ワンコ中心の私になって。。。

夢を怒ったこともない。。何でも許せた

夢をなくして私は空虚感の中で

ペットロスと断言していま乗り越えようとしてる

急に食べなくなった夢を

仕事で忙しかった私は

ストレスかなっと、ずっと抱いて。。

病気が発覚して退院してきてからも

仕事が終われば深夜まで夢を抱いてた

最後の日も

夢はずっと仕事をしている私を見てた

2回ほどあぁ~~んっと言って呼ぶので

仕事をやめて夢を抱いてた。。

もう今夜が峠だと。。。

涙が溢れて止まらなかった

旦那くんが夢おやすみって言ったら

目で追って見てた

もう首も動かせなくて。。

それでも水さえ飲んでたら。。

私は夢にお水を。。もう動けないのに

夢は自力でちゃぷちゃぷって飲んだ

股関節は骨が突出してきたので

綿を当ててあげた。。

夢は私に抱かれているのが一番好き。。

ずっとずっと抱いてた

ペットは自分より先に逝くのだ

これは

いつも私が思ってきた。。

今日は満月だった。。

満月を観ながら

昨日の雲が出てきた。。

夢ちゃん雲だ。。

そして今日もペットロスを乗り切ること

夢は今 逝ってしあわせ。充分頑張った

もし、夢が奇跡的に助かっても

残りのワン生2~3年 その間

夢は苦しい治療を続けていかなければならない

膵臓疾患は元に戻ることはない

だから

おかあしゃん もう頑張れないよって逝ったんだよね

もう点滴に行きたくなかったんだよね

食べないことも夢が選択したんだよね

そんなことを夢ちゃん雲に話しながら

今日も一日過ぎていきます

2017年1月12日 (木)

仕事始め

Photo_2

10日から仕事始め

2日間の出張に出かけた。1日目は

早めに終わらせていただいて

少し海に行ってきた。。

夢ちゃんは虹の橋のたもとに

着いただろうか。。

ひとりではいけないのじゃないか。。

かもめさんが誘導してくれた?

Img_20170111_105015
Img_20170111_105027
誰に気兼ねもせず泣けた

悲しみも涙も無理せず。。

暖かな一日で腰かけて

日が暮れるまで

時間だけが過ぎていった

一日のうちに何でどこで

涙腺の緩むスイッチが入るか

わからない。。。

今は後悔というよりも

他に方法はなかったのかなって

そればかり考えてる

何処に行ってもどの場所も

夢と一緒に行った場所ばかり

頭の中は夢のことばかり

これでは仕事にならない

ガラケの携帯の中からも

夢の去年の写真が出てきた

Dcim0004
夢のことを知って

一緒に泣いてくれる人がいる

みんなが

夢ちゃん頑張ったね。て。

夢がなくなる前日

私は

ある人に 夢が助かる方法はないかなって

電話をかけたかった

彼女なら何か知ってるかも。。

もう誰かにすがりたいほど

私も不安定になってきていた

夢が3日食べなかったら命を落とす

どれだけ食べさそうとしても

夢は気持ちが悪くなって食べようとしない

私は

もう泣くしかなかった。。

もう骨しかない身体。。なす術もなかった

他に何か手立てはないのか。。。

もう病院へ連れていく状態でもない夢を

私の精神状態ギリギリの時

仕事の時は 病気の夢を

預かってくれると言ってくれた人

ほんと嬉しかった。。でも

聞けず。。。今日

夢のことをお知らせした。。。

彼女も夢のために泣いてくれた

夢が食べないの。。

夢が痩せていくの。。

彼女に毎月夢を見てもらってた。。

獣医さんの奥さんなので

私は彼女にしか

夢のことを言えなかったから

心の支えでした。。ありがとう

昨日、ふと気が付いたことがあった

夢がなくなったのは

もしかしたら私の腕の中??

今年に入って私は夢を腕枕で

抱いて寝てた

浅速呼吸になった前日も抱いて。。

抱いてた夢は軽軽だったのに

亡骸はずっしり重かった。。。そう

当日の日記に書いた。。。

夢は抱いて寝ても腕枕で

朝まで抱いていても軽かったのに、

当日 私は夢が重くて腕がしびれて

夢が静かに楽に眠ったと思い

横に寝かせなおして。。

ランが間に入ってきたので。。

おむつを替えて。。。そして

夢の呼吸が止まっているのに気が付いた。。

ランは間に入ってくることは

今まででも一度もないのに

夢の背中に心がくっついて

夢の前にランがくっついて。。。

私がそう思いたいのかも知れないけど

あの重くてずっしりした時に

夢は眠ったまま息を引き取ったんじゃないか。。。

だからランが間にいたんじゃないか。。

私は抱いて

逝かせてやりたいと思っていたのに

おろしたので。。何で抱いたままいなかったのかと

自分を責めてきたから。。

ふと重くなった感触を思い出して。。

もしかしてあの時。。。と

毎日毎日抱いて寝てたんだから

夢はホントにすぅ~~って逝ったんだろうな

穏やかな痛みも訴えてないいつものクルクル目

今にも起きてきそうな目だった

私が悲しくてパニックになるから

静かに息を引き取ったんだね

今日は帰り道、車から

夢。。と思える雲を見つけて

Img_20170111_154307
つい追いかけてしまいました

Dcim0001
近づいたら

そんな訳ないのに。。

Dcim0002
涙が溢れてきた

まだまだ夢のいなくなった今に

心がついていけない私ですが

今日は

夢は私の腕の中で

静かに眠りについたのだと思えたこと

夢は私といて幸せだと思ってくれていた

そう思えて一歩前進していきます








2017年1月 9日 (月)

虹の橋

虹の橋

Photo_9


http://www.geocities.jp/wan_nyan_niji/niji.html

犬の膵炎について

犬の膵炎は早期発見が

その後の予後に影響を及ぼします。。予後とは

その病気の回復度 後遺症なども含みます

肝炎膵炎の症状は

急性慢性私は

専門家ではないのでわかりませんが

夢の場合は

①多飲多尿

   最初に気付いたのが尿の色が濃い

②食欲減退

   フードを全く食べなくなりました

   おやつやジャーキーなどは

   喜んで食べてました

よく言われる吐き気や下痢は全くありません

  フードを食べなくなる3日前は 

  ぴょんぴょん飛び上がって

  フードを催促してました

本当にある日 

突然やってきた食欲減退でした

  いつもの食べない気まま??

  それでも翌日は

  フードを変えてやりましたが。

  食べない。。

食べなくなって2日後

 ??お腹が黄色い?白目も黄色い?

3日目病院受診

即入院 絶食で膵臓を休ませる

      輸液

食べれば膵炎の数値があがるため

 10日間ほとんど食べず。。

こんな感じでの退院

 膵炎とは活性化した膵液が

 膵臓自体を消化する事で生じる

 膵液が脂肪を消化しようとするので

 膵臓を傷つけて炎症を起こし、

 膵炎を悪化させてしまう

膵炎には特効薬がないとのことです

 でも回復している子も沢山います

本当に早期発見が一番重要で

普段から高脂肪の食事を与えない

肥満にさせないことも大事です

愛犬の食欲が急になくなったら

口の中は正常か?

尿は?吐き気は?

ほんの些細なことでも

チェックしてください

そして様子をみずに病院に行ってください

人の数倍も早く年を取るわんちゃんにとって

一日は人の数週間

そう思うと

私のように

3日間も症状を軽視したことが

夢の症状を悪化させた原因ともいえます

もしあの時。。。という思いが

今も消えません

もっと他に方法がなかったのか

初期段階の治療は適切だったのか

食べれることを優先に

体力をつけさせるべきだったのではないか

こういった後悔の念が

ペットロスの始まりです

ペットロスは

自分の状態に気付いて

悲しみを自然なことだと受け入れる

そして自分は

「ペットロス」だと認めることから

乗り越える力をつけていきます

悲しむ自分を客観視していく。。

まだまだ今の私には

心にぽっかり空いた穴が大きすぎて

乗り越えていませんが

こうして書いていることで

自分に言い聞かせています

つきっきりで看病していたので

喪失感が大きいです

孤独感不安感も大きいです

誤った選択肢で 

死を急がせてしまったんじゃないか

逆に苦しませてしまったんじゃないか

「何か」「誰か」のせいにしてしまったり

気がつけば知らない間に

後悔の念で自分を責めている

声が聴こえたり

突然悲しくなって涙が溢れたり

今の私はペットロスです

これは誰でも起こりうる現象

そう思いながら今日も一日過ぎていきます

夢の物を処分するのを急がせないで。。

まだ時間が必要です

夢の骨は本当に小さくて

でもその骨を拾いながら

私は夢がやっと

楽になれたと思えた

痛みに震え

痛みに涙して

声にも出せず

それでも頑張って諦めない夢の姿

教えてくれた

私は本当に感謝

今度生まれ変わっても

きっと私のところに来てくれる

夢を私に授けてくれた知人にも

本当に感謝

幸せだった夢との生活

私はもっと幸せになろう

 

夢と心の関係

夢より2ヶ月遅れで赤ちゃんの心がきた

4か月の夢と2ヶ月半の心

すぐ仲良くなって。。夢が力にも心にも

主導権を握るスーパーレディ

Img_3833
Img_4045
Img_7943
そんなにひっついて歩かなくても。。

夢が病気の時は

Photo_4
心にもたれかけさせてほしいな

Photo_5
Photo_6
これは12年間で数枚しか

夢が心にもたれている写真はないくらい

15167521_1020677998044426_705134590

もうここちゃん重いんですけどって

感じで心が夢にもたれてる

この時夢はしんどいはずなのに

こころの思い通りにさせてる

思えば夢にとっても

心がもたれてくることが安心だったかも

夢の亡骸に

Photo_7
ずっとひっついていました

2
まだ夢が生きてると思っているのか

Photo_8
綺麗にしてあげるよって言うまで

心はくっついていました

心にとって生れて始めてみる夢が

他犬で

夢も赤ちゃん心と双子のように育ちました

心が夢に怒ることは全くなかったです

分離不安症になったのも

夢との結束が固くて

飼い主さんの所に戻っても

心が不安定になり

我が家の子になったいきさつもあります

旦那くんには

よその子だと心は可愛がってもらえません

今日は

時々夢は??って感じで私を覗き込んでくるので

夢のお骨を見せてやりました

どれだけわかってるかは??ですが

夢の居なくなったことは心も

わかっているようです

明日から私は仕事をします

心の分離不安症がおきないといいですが、

トイプのランがいてくれるので

少しはいいかな。。

夢をなくした悲しみや寂しさ

後悔が交差して一日のうちに何度も

襲ってきますが

夢をずっと一緒に最後まで看取ってやることが

できたことは感謝しかないです

夢に手を合わせる時

後悔よりも夢が頑張ったことを感謝して。。

忘れなくても

思い出にひたっても。。

いつか時間が夢とのいい思い出だけを

残してくれると信じて

大きなあいた穴を

埋めていきたいと思います

このブログを読んでくださっている皆さま

本当にありがとうございます

愛犬を病気でなくさないために

ペットロスにならないために

ペットが病気で苦しんだり悲しんだりしている方に

少しでも

勇気づけることが出来たなら。。。

夢が状態悪い時は

病院が休み返上で診てくれました

その時の待合室は重篤な子ばかりです

夢がもう数日ですと宣告された12月3日

待ち合いにいた飼い主さんが

みんなで泣いてくれました

それはみんな明日かも知れないって思いで

連れてきている人たちばかりだから

その中の一人の飼い主さんが私に

夢ちゃん大丈夫

こんなに目もクルクルで

お鼻もこんなに濡れてる。。絶対大丈夫

そう言ってくれて、

私はどんなに救われたかわかりません

自分のワンちゃんもあとどれくらい。。時に

ほんと心が軽くなった。。

大丈夫大丈夫。。

夢に対して言葉を失っていたわたしだったから

最後まで夢が諦めなかったすがたを

これからも

発信していきたいなと思っています

他愛ないお話や

ワンコとのワンバカな?話など

これからもお付き合いくださると嬉しいです

そして

ありがとうございます

















夢が逝って1日

夢が逝って一日

家の中はいつもと変わらないのに

夢だけがいない。。

昨晩は 心がついて回ってくる横に夢を見て

泣けてきた。。

夢の抱っこの感触が今も残っていて

眠る時のベッドの広さが嫌だった

朝 夢が横にいないことの不安で

涙が止まらない。。

Photo_2
おかぁしゃん

おはよ。。顔を持ち上げてくるまで

回復したときもありました

Photo_3

フードを食べれる時も

最後まで食べること

水を飲むことを諦めなかった

食べないこと 水を飲まないことが

衰弱していくのを知っていたかのように

諦めず最後の最後まで

水を飲んでいた。。

衰弱していくのと

痛みがでること。。

私は数週間

回復食を流動して与えてきた

薬が それを中和してくれると言うことを信じて

夢も無理矢理受け入れて頑張って。。

もしかしたらそれで夢は元気になれる時が

あったんじゃないかとも思える

最後は私が夢の状態をみて

回復食をやめた。。もう嫌がる夢にしたくなかった

よく頑張ったね

もう頑張らなくていいよ 楽になっていいよ

何度夢に語りかけただろう

最後の望みは病院へ行ってレーザーを照射してもらうこと

夢は温かくて気持ちよさそうだった

電解質が壊れ

その点滴は夢に激痛を与える。。それでも

それをしないと夢は生きられない

そんな選択の中

最後の点滴は

診察室に夢の呻き声が途切れることはなく

私は

もう点滴治療は打ち切ると決心した

夢が受け入れないように

点滴をしても数値はあがらなかったから

もう夢を楽にしてあげたい気持ちのほうが強くなって

食べないだろうなって思いながら

病院の帰り道買ったチーズケーキ

夢は美味しそうにパクパクと食べた

夢はまだ諦めてなかった。。

ドックフードで育った夢は

手作り食は食べなかった。。それが

最後は私の作ったきんとんを美味しそうに

食べてくれた。。。

夢はもうお別れが近いのを知っていたんだ

最後の夜 仕事をしている私を

ずっと見て

抱っこして。。仕事をやめて

夢を抱っこしていた

4日から夢と24時間過ごした

外にも出なかったので

火葬の日

今日が成人式なんだと。。綺麗な晴着をきた新成人が

お花を買いにいくと沢山いた

夢らしいなって思った

こんな晴れの日に逝くなんて。

綺麗好きで

最後まで歩けないのに

シートでおしっこしてた

ほんと最後の最後だけおむつで

それでも汚れると

教えて早く変えてという子だった

外に出て足が汚れるのが嫌いで

散歩が大嫌いな子

走り回るより

私に抱っこしてという子

12年間

私は夢にとっていい飼い主さんだっただろうか

仕事が忙しくて

夢に会えない時もあった

こんなに早く夢をなくすとは思ってなかったから

必ず治ると信じていたから。。

夢は肝炎膵炎併発だったけど

衰弱死で頑張れなくなった。。

食べれば痛みを生ずる

その痛みは激痛であると言われている

人間でも耐え難き痛みでモルヒネを使う

わんちゃんもそうだと聞いている。。が

夢はじっと耐えてきた。。恐らく3か月あまり毎日

震えていたのも

涙をいっぱい溜めていたのも。。。。

小さな体でよく耐えたと思う。。

夢の顔がワイヤーなので

丸丸って見えてきたけど

身体にはもう肉さえもついてなくて

どこを触っても骨が痛々しかった

最後の1週間は

日に日に骨が突出してきて

2時間おきに体位を変えてあげた

軽い軽い夢が

なくなったらずっしり重かった

夢が天国に旅立ちました

2017年1月8日午前4時11分

夢が天国に逝きました。。

眠るように寝ている間に

すぅ~~と息を引き取りました。。

Img_20170108_153850

1月6日先生から

治療はもうやめて静かに過ごさせましょうか。。

そう言われ帰宅。。チーズケーキを美味しそうに

食べて。。腹水も少し楽になったように思えて。。

翌日の7日

8日もう一度レーザーだけあてに行こうっと

決めて。。もう一度だけ。。

それでも夜になり 夢が始めて時折

唸るように声を上げて。。呼吸もしんどそう。。

明日は病院はやめるわ。。と旦那くんに伝えた

レーザーをあてれば楽になる。。その思いが

もう打ち消されるくらい夢の状態は悪くなっていました

2日前から 腹水のためか呼吸は浅く早くなっていた

抱っこをせがる夢を 抱けばしんどいんじゃないかと

寝かせたり抱っこしたり。。

ヒーリングも流し続けた。。吐き気が全くなかったのは

効果があったのではないかと思うし

奇跡的な回復をした年末も

痛みをとることにも効果はあったように思う

8日深夜0時半夢が声を出すので

しばらく抱っこしていて

お水を飲ませにいく。。自力で時折

グフッて鼻を水につけてしまいながら

飲んで。。

トイプのランも間に入りたがるので

心も一緒に寝かせることにした。。

2時間ほど夢を抱いて。。呼吸のしんどさは

私の首にあたる夢の呼吸が伝えてくる。。

しんどそう。。抱いてる夢を真っ直ぐ寝かせて。。

午前4時ランが間に入ってきていた。。

夢のおしっこを替えて。。

夢が眠っている状態のまま息を引き取りました。。

???しばらく何が起こったかわからず

目も開けたまま、いつもの顏でいるのに

呼吸だけはとまってる

何度も何度も夢って声をかけても

目を動かしません。。おしっこも温かいし

身体も温かい。。。夢が逝ったっというのを

理解するまで2時間かかりました。。

いつものように夢を抱いて。。2時間過ごしました

6時から夢を綺麗にしてあげました。。

体中拭いてあげてもとっても綺麗で

おしっこをしたまま何もしません

可愛いフリルのパンツを履かせました。。

目も閉じないので ピンクのうさこのフードを

かぶせてやりました。。

始めて夢が逝ったのだと理解できました

10時頃 孫たちがお別れにやってきた。。

しばらく夢の話で笑顔になったり

みんなでお菓子を食べながら

夢と一緒に過ごせました

3歳と生まれたての孫たちが

夢をおもちゃにするので

夢は子供が大嫌いに(^_^)

その子供たちと夢は成長してきたので。。

お正月にはみんなで
夢との別れは覚悟していたので

日曜日みんながいる時に夢は逝ったんだと思う

明日まで夢を偲ぶのか。。。

16時に火葬を決めました。。

3時間あまり私は

ひたすら掃除をしてました。。それでも

夢がもしかしたら生きているんじゃないかと

夢を抱いて座って。。段々冷たくなっていく夢を

また寝かせて。。何度も繰り返しながら

悲しみがさざ波のように押し寄せてきました

ピンクのお花と

家で咲いた真っ白な薔薇と

家のお水と

大好きなチーズとフードを持って

火葬場へ。。。途中

引き返そうと。。。

ペットの火葬場は寂しげでした。。

お寺の住職様がお経をあげてくれて。。

色々とお話をしてくださいました

旦那くんは

合同火葬にしてもらって埋葬してもらい。。っと

言っていたんだけど

私の中でそれでもいいなって思いながら

夢の旅立ちが近くなるたびに

合同火葬は嫌だという思いが強くなりました

そして個別火葬 拾骨

お寺に骨を1年預けるつもりでしたが

持って帰る。。という私に

旦那くんもそうしようっと言ってくれた

ご住職様は

骨を持ってかえると思いが消えないので

心がついていかない方は

置いていった方がいいと勧めてくれたけど

周りが暗くなって 寂しいその中に

夢を置いてくる気持ちにはならなかった

夢と私と心の葛藤

2017年新年の挨拶もできないまま。。

おめでとうございます。

年を越すことは厳しいと言われていた夢が

新年をみんなで迎えられたことがとても嬉しくて。。

2017年一番つらかった事は

1年以上も前から決まっていた松菱のイベント出店

2日3日と夕方まで留守にしなくちゃいけないこと。

夢と離れたくなかった。。。もし。。夢に何かあったら

私は全ての仕事をなげうっていただろう。。

旦那くんが2日は病院に連れていってくれた。

夢の状態はとても悪かったから。。。。

もしもの時は帰ってくるまで知らせないでと

出掛けた。。帰り道も夢のことは聞かなかった。。

玄関を開けると夢がいた。。嬉しかった。。

出掛ける時に 「待っていてね」と夢の

クルクル目に伝えて。。。。

帰ってずっと夢を抱いていた。。

このブログは2008年からかいている。。

最初はお菓子教室のサイトで立ち上げて

そこから自家製天然酵母パン教室を開催にあたり

アメブロに移行した。。

2012年からはわんこのことを綴る日記ページとして

綴ってきて、夢の手術以来、私も仕事が忙しくなり

ワンコと遊ぶ時間もなく

FBに

ちょいちょいと書いてきました。。

今日はFBを開けると

2年前の投稿がトップに出てきました。。

夢ちゃんです2015年1月9日

夢が新年カットに行ったと書いてありました。。

Fb
Photo
ワイヤーダックスは

カットは眉毛を残した顔にカットするのだけど

夢はワイヤーカットにはしていません

毛も抜かずフワフワ毛にしておきました

夢との生活は私の全てなので

どこでも夢が登場してきます。。

ペットロスは、

一日のうちにも何度も波がきます

平常にしているようでも何かが違います

泣いている時

普通に見える時

ペットロスに陥っている人は

おそらく人には見えないだろう

心に大きな穴があいたように。。。

このブログを書いていてよかった

生地を削除しないでよかった

FBは思いが綴れません

吐き出すことも出来ません

特定の人が見るので皆さんの思いが

重くなると思うからです

ここは私の思いを吐き出しています

悲しみと後悔が渦巻いていきます

日記なので

不特定の方がもしも見て下さっていても

私を責めることもないでしょう

もしかしたら

同じ思いでワンちゃんの病気を闘っている方も

いるかも知れない

私は肝炎膵炎で愛犬をなくさないために

もしもなくなった時ペットロスにならないために

このブログを

ワンコとの生活を交えながら

お伝えしていけたらいいなと思います

こうして

思いを吐き出していることで

今の私の精神状態が保たれていることを

ご理解していただけたら幸いです。


2017年1月 7日 (土)

治療を打ち切る

夢が肝炎膵炎の闘病に入り3か月あまり

いつも「大丈夫」って言ってくれる先生から

一度もその言葉は聞けず

昨日は

「治療の打ち切り」

「静かに過ごさせてあげましょう」はそういう意味

痛みに声なく絶えてきた夢を

もう楽にしてあげましょう。。。

病院から帰った夢は

少し元気になるように思える。。

深夜3時半におしっこ。。気持ち悪いと

教えてくれる。。

それからは抱いて眠っている。。呼吸は

浅く早いけど。。苦しいというよりは

自分の呼吸で痛みを和らげているようにも思える

夢をなくす私の心の方がついていけない

もっと早く気がついてあげられなかったのか

症状が出てから3日間様子をみてしまったこと

食べないことも気分である子だったから

また夢ちゃん わがままだねって

ドッグフードを変えたり。。。

よく考えたら 真冬にお水を沢山飲むのも変だし

頻繁におしっこ行き

その度に量も色も???だったのに

3日間過ごしてしまったから

もしあの時すぐに行っていたら。。。

そう思うとやるせない。。。

膵炎は早く処置をすれば。。急激に進んでしまう病気

病院に行った時は マックス状態

毎日夢の面会に行って 抱いてきた

連れて帰って。。いつものクルクル目で追いかけて

絶対 治ると信じていた。。

結果は

これ以上入院していても夢のストレスが

症状を悪化するとのこと

それでもまだまだ元気に

帰ってきてからは 何か食べたいとついて回って。。

それでも食べられない状態が続いて

段々体重が落ちていきました。。

治療をやめるかどうかは私次第。。

こんな辛い選択をしなくてはいけないのだろうか

今日の夢は

Img_20170107_115713
何か元気そうに見えた。。

昨日もアロマとヒーリングをしてあげた

パンパンに張っていた腹水が

少し減ったように思う

朝から大量もおしっこ

昨日は ケーキを3口食べただけで

他は受け付けなかった

今朝は

Img_20170107_114927


すごい勢い(^_^)でケーキをせがんで食べた。。

チーズケーキはほんの少しにして

サツマイモきんとんとカッテージチーズを混ぜてあげた

美味しそうにパクパク食べてた

薬も もうあげなくていいですと言われたけど

薬も飲ませた

Img_20170107_115838_2
食べれば 痛みが出るとわかっていても

欲しがる時に欲しがるものを食べさせてあげたい

もしも絶食して夢が元気になるなら

どれだけでも絶食させるだろう。。

呼べば

目で追って

今もじっと私を見ながら

時々眠りについていく

もう治療を打ち切るのだろうか。。

まだ望みはあるのではないかな

明日は

病院に行くなら 日曜日でも来てくださいとのこと

どちらでも選択は私が。。。。。

2017年1月 6日 (金)

夢の状態が悪いです

深夜3時半 夢がくぅ~んくぅ~と啼きだしたので

おしっこを教えてくれたようです。。

おむつにすることのなかった夢が。。。

気持ち悪かったのか。。それから

いつもとは違う呼吸。。眠れない感じで。。

夢をずっと抱いて。。いつしか夢も眠りにつきました

朝はお水を沢山飲んで

おしっこはしません。。

今日は最後の病院になるように思いました

Img_20170106_105222

1月4日に

何度も飲み込んだ言葉

「もう延命治療をしているだけですか?」

先生は

「点滴とレーザーで。。明後日来てください」

まだ諦めない。。頑張る

そんな感じの先生の言葉でした。。

先生が 無理ですって言ったら本当に無理なんだと

ずっと思ってきたから

まだ希望がある。。そう思うことにして。。

翌日から、夢の状態が悪くなってきました

水を飲むのもいつもとは違います。。

よく眠っている夢を起こして

病院へ

待ち合いに着くと

すぐ先生が連れにきてくれました。。

電解質の検査。。数値が悪く。。点滴へ

夢にとっては痛い。。診察室から

夢の唸るような泣き声が聴こえてきます

「夢ちゃん 状態悪いので 

家で静かに。。か。。明後日連れてくるかは

家族で決めてください」

つらそうな先生の言葉に

恐れていた答えがあります。。

帰りに

夢の好きなチーズケーキを買いました。。

Img_20170106_130911
帰り道 夢が少し元気になったように見えた

Img_20170106_140538
夢が 生まれて初めてみる大型犬

力。。可愛がってもらえて 夢の事なら

何でも許してくれた力くん

夢もお別れを言っているかのようでした

夢の目が涙でいっぱいになって

零れ落ちました。。

わんちゃんでも涙を流す。。夢は

おそらく痛いとは言えなかったけど

涙で訴えていたと思います。。

何度も何度も拭いてやる日が続きました。。

人の食べ物は与えない。。そう決めて

夢には ドックフードと犬用のおやつしか

あげませんでしたが。。いつも欲しがっていた

チーズケーキを今日は夢のために買いました。。

Img_20170106_142603
Img_20170106_142638
食べた。。。

3口ほどでしたが

美味しそうに食べた。。。

難しいね。。犬の健康を考えると

人間の味は全て塩分も強すぎて。。

夢の前の飼い主さんは

人間と一緒の物を食べさせる方針

その結果 おかあさん犬は糖尿病で

8歳で亡くなり夢のお姉ちゃんは

今皮膚病と糖尿病でインシュリンを打っている。。

夢は12年間内臓で病院にかかったことはない。。

どちらの飼育方法も間違ってないと思います。が、

わんちゃんにとって幸せなら。

夢の肝炎膵炎はストレスです。。

心と静かに暮らしているところに

トイプ―が入ってきました。。この子が

夢の腰を強打して夢の腰が砕け手術

赤ちゃんトイプ―は動きが激しくて。。

どうしようもない事情のトイプとの生活で

夢にはストレスが溜まっていたんじゃないかと。。

夢が強くなって慣れてくれるといいなと思ってきました。

人も犬もストレスが一番悪い。。

夜になってやっと夢がおしっこをしました。







2017年1月 5日 (木)

夢のレディとしてのマナー

夢は今日が今までで一番調子の悪い日

啼いたこともなかった夢が

どこからともなく声を出しています

自分ではもう動けない身体

なるべくおむつはしないように

お漏らしはしてもいいようにしてありますが

お尻が濡れると 教えてくれます

どうも嫌みたいです

どんな感じでもシートの上に行きたがります

腹水も一番沢山溜まっています

ささみのおせんべいとクッキー半分

それとお水

時々涙を目いっぱいに溜めています

せつない。。

元気に回復することはありません

これは諦めではなく

現実を受け入れているからこそ

今日を精一杯夢と過ごしています

明日の朝

目覚めないかも。。

昨日も夜中に くぅ~ンと言ってきたので

胸に抱いて朝を迎えました。

Img_20161224_190928

たくさんの思い出が

走馬灯のように蘇ってきます。

今夜

夢が痛みで目が覚めませんように

夢と心の出逢い

我が家には4ワンコがいます。

2001.6.6生まれのラブラドールの力

2004.11.12生まれの夢

ラブラドールの力ちゃんは老犬で

もう寝てばかりいますが健在です。

私がお菓子教室を休業している時に

知人の家に夢を見に行って

あまりのワイヤーダックスの可愛さに。。

その時は、夢のお姉ちゃんの雛ちゃんを

我が家に来て欲しいなと思いました。。

夢は誰にも懐かなくて

私が抱こうとしたら威嚇をしたので怖くて(^_^)

本当ならどこかのお家へ行くはずが。。

夢は残ってしまったみたいで

飼い主さんも夢が少し歯に欠損があったことや

毛量が少ないことで手元に置いておこうと

思っていたようです。

そしてご縁があって夢が我が家にやってきました。

4か月で来たので私以外の人には慣れず

その分 可愛さが増していきました

Photo_2

2008年3月14日我が家にやってきました

クルクルの目でお髭のあるワンコ

ワイヤーダックスのサークルにも入ったり

家庭犬しつけ教室にも通いました

私の生活も夢中心になりました

大きなラブラドールの力ともすぐ仲良くなり

唯一力に飛びついて怒るのは夢で

力の腕の中に抱かれて眠ったりしてました

心は、よその子で、預かっているうちに

飼い主さんに懐かなくなり

我が家の子になってしまいました

力と夢がいるから無理と思っていたのに、

ワンちゃんを可愛がらない飼い主さんに

返せなくなり私が引き取りました

Photo_3
2ヶ月半で我が家に来ましたが

あまり赤ちゃん赤ちゃんしてなくて。。

6か月の夢と4か月の心

すぐ仲良くなって それからいつも

ぴったり寄り添って。。

Photo_4
Photo_5
2008年1月5日夫婦になりました(^_^)

Img_20161123_002407
Img_20161227_230512_2
Img_20161223_143322_2
Img_20170103_013927
Img_20170103_014333_2
くっついてくっついて

ココちゃん大丈夫

分離症の心が心配

夢がいないと探しまくってる心

心も12歳 

3日はあまりにも不安症が出て

変な啼き方ばかりしてました

夢が遠くへ逝くのがわかっているかのようです

Img_20161206_090300
点滴をする場所さえ

もうありません

Img_20161206_092322
それでも

まだ生きようとしています

今日は

もう流動食もやれない状態ですが

自力でお水を飲んでいます

まだ諦めなくていいよね

それでも

つらかったら

もう夢ちゃん

頑張らなくていいよ

そう何度も何度も

夢に心から声をかけています

















夢の状態

一晩中 眼を開けていたように思います。

涙目になったりしているのは痛みからでしょうか。。。

朝から くぅ~~くぅ~~と

唸っているような。。抱っこしても。。

状態は

今までで一番悪そうです

チーズをあげても食べません

大好きなチーズ

食欲なくても食べていたチーズです

先生からは

チーズはダメと言われ。。。

もう長くないのはわかっている

それならば

好きなものを食べれる時に食べさせてあげたい

その結果

夢に痛みが生ずる。。

わかっているのに心で葛藤する

3か月近く続いている闘病生活

心の準備は出来ているはずなのに。。。

やっと眠りについた

夢に黄疸が出てから

何で気付かなかったのかな。。

3日前までは

ご飯の時間には

ぴょんぴょん飛んでクレクレ状態だったのに

急に食べなくなった。。。。。

あまりにも急性で。。

15年前に飼っていた子は

心不全で帰宅したら亡くなっていた。。

そんな経験から

夢は抱いて逝かせてあげたいと思ってる

闘病といいながら

世話も私に出来る範囲で

しんどさもない。。夢も寝ているだけ

痛がりもしない。。多分表現できないだけ

嘔吐があるでしょと言われながらも

一度も吐いたこともない。。

本当に神様に感謝だ

急に夢を亡くしたら

私はペットロスに陥っているだろう

そうならないために

こんなにも夢を看取れる時間をくれていると思う

医学書通り

夢は進行していく

腹水が溜まり

出血痕が出て

もう動けなくなりました。。。

それでも

支えながらも

今朝はお水をたくさん飲みました

夢の主食

夢が食べれなくなって

もう2ヶ月半

膵炎がマックス状態なので

食べれば疼痛と吐き気

それでも食べないと衰弱

食べてはいけない膵炎を優先するのか。。

私は夢が好きな時に

食べたいものを。。チーズが大好きな夢に

悪いとわかっていながら食べさせたい。。

病院からは回復食の缶詰

少ない量で栄養が取れるというもの

夢には良くなくても食べないよりはまし。。

そんな感じの投与です

Img_20161209_115359
食べれるときは

おかゆとささみ

Img_20161207_210450
心のドックフードを食べてるときも

Img_20170102_192103
今年に入ってからは

この回復食を無理矢理流動しています

状態は悪くなってきてるのか

身体には肉がありません

抱けば骨ばかりが痛いげです

自分で動くことも歩くことも出来なくなりました

それでもよっぽどのことがない限り

お漏らしもしません

水を飲みながら

座り込んでしまいますが

シートでおしっこしてます

Img_20170103_074946
寝ながら

クッキーなんか食べたりして

Img_20170103_232804
Img_20170103_232531
状態が悪くなってから

くっつきたがる心からゲージを離しました

Img_20161227_230513
Img_20161223_002058
昼間は

日向ぼっこなど

夢が心にもたれてる時はいいんだけど

Img_20161223_143322
Img_20161223_143328
2016.12.23

Img_20161223_143402
スヤスヤ

片時も離れたこともなく12年間

いつも一緒の夫婦です

2017年1月2日

お正月なのに点滴とレーザー治療

今までで一番覚悟しなきゃいけないくらい

状態が悪くなっていました。

心が啼きつづけるので

夢と一緒に寝かせることに

Img_20170103_013924
心が

こんなに夢と一緒にいたいと

啼くのは初めてなので

私も心の準備を。。。

Img_20170103_014204
Img_20170103_014333
はぁ。ここちゃん

夢に巻き付いています

何か感じるのかな

離しても離しても巻き付いていくので

仕方なくその日は一緒に寝かせました

翌日は満足したのか

啼かなくなり

3日は夢ちゃんが元気に

Img_20170103_082724
朝からむくっと起きてきました

4日病院へ

夢が楽に逝けるように。。。そんな

思いは先生も同じなのか

点滴に連れて行ってくれる先生は

胸に夢をぎゅっと抱いて処置室に行かれる

いつも大丈夫って言ってくれる言葉は聞けません

Photo
2
わんこのことを

2012年から綴って

5年目

もしも見てくださってる方がいたら嬉しいです

お菓子教室からスタートしたブログでしたが

お菓子教室は2016年2月休止しました

自家製天然酵母パン教室は継続

http://ameblo.jp/apprenti/entry-12232015744.html

新たに薬膳を取り入れた教室へと進化していきます。

このサイトはわんことの日常を日記代わりに

綴っていきますので

よろしくお願います。

























夢の闘病日記 発病10月14日

夢の異変に気付いたのは

10月10日頃

急にドッグフードを食べなくなり。。

時々気まぐれに食べないので。。

フードを変えてみても???

尿がやけに濃くなってきて??

水をよく飲む??

10月13日夜

お腹を見てみたら黄色??

白目も黄色っぽく??

もしかして黄疸。。よく14日受診

Img_20161014_111638
肝炎数値がマックス

膵炎。。即入院

Img_20161017_104244
Img_20161017_104912

Img_20161017_104919
Img_20161021_113937
24時間連続輸液

絶食

Img_20161017_104926

食べると膵炎が悪化する

夢は不安でストレスで入院しているのに

どんどん衰弱していきました

Img_20161021_113944
Img_20161021_114239
Img_20161021_114414
状態が良くならないのに

これ以上入院していることが

夢にとってストレスが増強するから。。かえって

悪循環になると帰宅

相変わらず食べない夢の体重は

日々減っていきました。

もう手の施しようがない程

夢の症状は悪化していました。

_20161026_002324

10日後に帰ってきた夢ちゃん

ご飯を食べてます(^_^)

Img_20161025_203607
Img_20161025_204104
毎日ヒーリングをしながら

眠っていきます

夢はこれまでにも何度も

ヒーリングで乗りこえてきています。

目が悪くなた時もヒーリングで完治しました

耳が悪くなった時も獣医さんから

長くかかりますっと言われながら

3日で完治しました。そんな

夢にもしかしたらと

ヒーリングをしていたので

痛みが取れていたのでは。。

そんなことを思いながら。。

Img_20161030_080224
食事はタンパク質を食べさせないと

衰弱していくので。。

ささみをボイルしています。

私は今の獣医さん以外信頼できません。

夢が外傷性ヘルニアになった時

近くの獣医さんに三重県では手術できる病院は

ないので名古屋の病院を夜間に緊急でいくように

言われて。。。

伊勢にCTをとってくれる病院があるはずという

私に対して自分は知らないから。。と

そして今の獣医さんのところに行きました

その獣医さんの

「大丈夫 夢ちゃん歩けるよ」

そして夢は助けてもらいました。

後からわかったことは

最初の獣医さんは CTの勉強会にも参加していて

CTがある病院も知っていた。。それなのに

教えてくれず、名古屋にと。。???

不信感は怒りに変わりました。

心は違う獣医さんでしたが

目の癌だと言われ摘出手術を3日後に控えた時

今の獣医さんを知人から教えてもらい

受診。。癌ではなくアレルギーでした。

危うく眼球摘出されるとこでした。。誤診です。

そんなことが重なり

今の獣医さん以外私は信用できません。

それなのに、

今回は違う先生が夢の担当になったんです。

F先生はホント忙しくて

何故夢を診てくれないかと。。

私の中でだんだん不満と不安が交差していきました。

段々

夢が食べなくなり衰弱していく中で

F先生に思い切って言ってみました。。

私は先生が夢はもうダメだと言われるまで

納得いきません。。肝炎膵炎どちらを優先して

治療するかは難しいかもしれないけど、

10日間も入院して何も効果がないのは??

夢は腰の手術の時からF先生にお任せしたいと

思ってきたのだから。。

F先生は 休みもなく夜も寝ない状態で

他のワンちゃん達を治療してくれています。。

私がお願いするのも

申し訳ないくらいでしたが、夢も最後までF先生に

見て欲しい気持ちを伝えました。

そう言いだすまで2ヶ月もかかってしまいました。

何故、もっと早く言えなかったのかと悔やんでいます。

前の担当医は食べないなら

他の方法がないのかと聞いて

初めてこんなのあると教えてくれたり。。

それならここまで衰弱する前になんで教えてくれないの?

点滴もF先生がステロイドと言ってくれるまでしなかった。。

もうダメだと言われていた時

二人の先生のやり取りを聞いてしまって。。。

私の中でだんだん不信感が出てきて

そしてその先生から数日しかもたないと言われても

私は納得できません。。

入院した当初にパルス療法を始めていたら

夢は慢性化しなかったのでは??

誰かのせいにしてはいけないけど

そう思ってしまう私がいたり

夢を抱いて声を出して泣く日が続きました。

そんな夢が

ドックフードを食べて。。

むくっと起き上がってくるまで回復してきました。

そしてクリスマスを迎えました

Img_20161225_021406
Img_20161225_150935
夢のためにケーキを焼きました

Img_20161225_231419
Img_20161225_231433

パクパク

美味しそうに食べてくれて嬉しかったです

Img_20161225_232357

数日と言われて3週間過ぎました

その後悪くなったり良くなったり

年を越すのは厳しい。。と言われ

夢もまた、食べれなくなっていきました

年末は状態も悪い日が多く

諦めそうになったり

それでも、

F先生が「夢ちゃんが頑張ってるから

私も頑張る」そう言ってくれた言葉を頼りに

28日30日とお世話になり、

夢が年を越せました。

Img_20161230_124050
































夢の闘病日記

久々にブログに帰ってきました。

ワイヤーダックスの夢が

肝炎膵炎にて重篤な状態になっています。

2016年10月14日に黄疸が出て入院。

その後年は越せないと言われつつ

現在も頑張って闘っています。

4.5㌔あった体重は2㌔しかありません。

同じように肝炎や膵炎で闘病中のわんこを

お世話している飼い主さんがいらしたら

良い情報を頂きたいですし

私も夢の状態を発信していきますので

参考になることがあれば嬉しいです。

今日の夢

片道40分かけて隔日病院に行っています。

Img_20170104_105738

点滴とレーザー治療

電解質が壊れていましたが

今日のデーターでは改善してきたので

電解質は抜きの点滴

電解質が入っている点滴は痛みを伴うので

啼かない夢が

啼いているので多分かなり痛いはず

レーザーは温熱療法で

肝臓に効果があるそうです。

Img_20170104_141146


病院の帰りは少ししんどそう

Img_20170104_204556

Img_20170104_203320

去年の12月初め

数日。。覚悟をするように言われてから

隔日で点滴を自宅でしていましたが

年末からレーザー治療を開始したので。。

もう自宅で点滴ができる肉がついていません。

体位も褥瘡ができるといけないので

時間ごとに動かしています。

もう自分で動く力もありません。

昨日は見るからに状態が悪そうだったので、

何度も飲み込んだ言葉を獣医さんに

思い切って言ってみました。。

「夢にとって延命治療でしかないのでは?」

肝炎膵炎は完治は難しい。

夢は腹水も溜まってきて内出血瘢痕もでています。

膵炎はかなりの痛みを伴うはずなのに

夢は痛みで啼くこともありません。

。。。。啼くことすら出来ないほどの痛み。。。

それでも栄養食を入れて。。。

もうダメじゃないか。。。私が諦めなければ。。

そんな思いと何度となく葛藤しながら

夢は数日と。。と言われてから

クリスマスを迎え年を越しました。

神様が私に

夢との別れを覚悟する時間を

与えてくれているのだと思えてきました。

しんどそうな夢を抱きながら

もう頑張らなくていいんだよって声をかけています。

毎朝

眠っている夢が

もう起きないんじゃないかと

心臓に手を入れて確かめて。。。

今夜もすやすや眠っていきました。

« 2014年3月 | トップページ | 2017年2月 »