« 夢が逝って1日 | トップページ | 犬の膵炎について »

2017年1月 9日 (月)

夢と心の関係

夢より2ヶ月遅れで赤ちゃんの心がきた

4か月の夢と2ヶ月半の心

すぐ仲良くなって。。夢が力にも心にも

主導権を握るスーパーレディ

Img_3833
Img_4045
Img_7943
そんなにひっついて歩かなくても。。

夢が病気の時は

Photo_4
心にもたれかけさせてほしいな

Photo_5
Photo_6
これは12年間で数枚しか

夢が心にもたれている写真はないくらい

15167521_1020677998044426_705134590

もうここちゃん重いんですけどって

感じで心が夢にもたれてる

この時夢はしんどいはずなのに

こころの思い通りにさせてる

思えば夢にとっても

心がもたれてくることが安心だったかも

夢の亡骸に

Photo_7
ずっとひっついていました

2
まだ夢が生きてると思っているのか

Photo_8
綺麗にしてあげるよって言うまで

心はくっついていました

心にとって生れて始めてみる夢が

他犬で

夢も赤ちゃん心と双子のように育ちました

心が夢に怒ることは全くなかったです

分離不安症になったのも

夢との結束が固くて

飼い主さんの所に戻っても

心が不安定になり

我が家の子になったいきさつもあります

旦那くんには

よその子だと心は可愛がってもらえません

今日は

時々夢は??って感じで私を覗き込んでくるので

夢のお骨を見せてやりました

どれだけわかってるかは??ですが

夢の居なくなったことは心も

わかっているようです

明日から私は仕事をします

心の分離不安症がおきないといいですが、

トイプのランがいてくれるので

少しはいいかな。。

夢をなくした悲しみや寂しさ

後悔が交差して一日のうちに何度も

襲ってきますが

夢をずっと一緒に最後まで看取ってやることが

できたことは感謝しかないです

夢に手を合わせる時

後悔よりも夢が頑張ったことを感謝して。。

忘れなくても

思い出にひたっても。。

いつか時間が夢とのいい思い出だけを

残してくれると信じて

大きなあいた穴を

埋めていきたいと思います

このブログを読んでくださっている皆さま

本当にありがとうございます

愛犬を病気でなくさないために

ペットロスにならないために

ペットが病気で苦しんだり悲しんだりしている方に

少しでも

勇気づけることが出来たなら。。。

夢が状態悪い時は

病院が休み返上で診てくれました

その時の待合室は重篤な子ばかりです

夢がもう数日ですと宣告された12月3日

待ち合いにいた飼い主さんが

みんなで泣いてくれました

それはみんな明日かも知れないって思いで

連れてきている人たちばかりだから

その中の一人の飼い主さんが私に

夢ちゃん大丈夫

こんなに目もクルクルで

お鼻もこんなに濡れてる。。絶対大丈夫

そう言ってくれて、

私はどんなに救われたかわかりません

自分のワンちゃんもあとどれくらい。。時に

ほんと心が軽くなった。。

大丈夫大丈夫。。

夢に対して言葉を失っていたわたしだったから

最後まで夢が諦めなかったすがたを

これからも

発信していきたいなと思っています

他愛ないお話や

ワンコとのワンバカな?話など

これからもお付き合いくださると嬉しいです

そして

ありがとうございます

















« 夢が逝って1日 | トップページ | 犬の膵炎について »

夢心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢が逝って1日 | トップページ | 犬の膵炎について »