« 夢が天国に旅立ちました | トップページ | 夢と心の関係 »

2017年1月 9日 (月)

夢が逝って1日

夢が逝って一日

家の中はいつもと変わらないのに

夢だけがいない。。

昨晩は 心がついて回ってくる横に夢を見て

泣けてきた。。

夢の抱っこの感触が今も残っていて

眠る時のベッドの広さが嫌だった

朝 夢が横にいないことの不安で

涙が止まらない。。

Photo_2
おかぁしゃん

おはよ。。顔を持ち上げてくるまで

回復したときもありました

Photo_3

フードを食べれる時も

最後まで食べること

水を飲むことを諦めなかった

食べないこと 水を飲まないことが

衰弱していくのを知っていたかのように

諦めず最後の最後まで

水を飲んでいた。。

衰弱していくのと

痛みがでること。。

私は数週間

回復食を流動して与えてきた

薬が それを中和してくれると言うことを信じて

夢も無理矢理受け入れて頑張って。。

もしかしたらそれで夢は元気になれる時が

あったんじゃないかとも思える

最後は私が夢の状態をみて

回復食をやめた。。もう嫌がる夢にしたくなかった

よく頑張ったね

もう頑張らなくていいよ 楽になっていいよ

何度夢に語りかけただろう

最後の望みは病院へ行ってレーザーを照射してもらうこと

夢は温かくて気持ちよさそうだった

電解質が壊れ

その点滴は夢に激痛を与える。。それでも

それをしないと夢は生きられない

そんな選択の中

最後の点滴は

診察室に夢の呻き声が途切れることはなく

私は

もう点滴治療は打ち切ると決心した

夢が受け入れないように

点滴をしても数値はあがらなかったから

もう夢を楽にしてあげたい気持ちのほうが強くなって

食べないだろうなって思いながら

病院の帰り道買ったチーズケーキ

夢は美味しそうにパクパクと食べた

夢はまだ諦めてなかった。。

ドックフードで育った夢は

手作り食は食べなかった。。それが

最後は私の作ったきんとんを美味しそうに

食べてくれた。。。

夢はもうお別れが近いのを知っていたんだ

最後の夜 仕事をしている私を

ずっと見て

抱っこして。。仕事をやめて

夢を抱っこしていた

4日から夢と24時間過ごした

外にも出なかったので

火葬の日

今日が成人式なんだと。。綺麗な晴着をきた新成人が

お花を買いにいくと沢山いた

夢らしいなって思った

こんな晴れの日に逝くなんて。

綺麗好きで

最後まで歩けないのに

シートでおしっこしてた

ほんと最後の最後だけおむつで

それでも汚れると

教えて早く変えてという子だった

外に出て足が汚れるのが嫌いで

散歩が大嫌いな子

走り回るより

私に抱っこしてという子

12年間

私は夢にとっていい飼い主さんだっただろうか

仕事が忙しくて

夢に会えない時もあった

こんなに早く夢をなくすとは思ってなかったから

必ず治ると信じていたから。。

夢は肝炎膵炎併発だったけど

衰弱死で頑張れなくなった。。

食べれば痛みを生ずる

その痛みは激痛であると言われている

人間でも耐え難き痛みでモルヒネを使う

わんちゃんもそうだと聞いている。。が

夢はじっと耐えてきた。。恐らく3か月あまり毎日

震えていたのも

涙をいっぱい溜めていたのも。。。。

小さな体でよく耐えたと思う。。

夢の顔がワイヤーなので

丸丸って見えてきたけど

身体にはもう肉さえもついてなくて

どこを触っても骨が痛々しかった

最後の1週間は

日に日に骨が突出してきて

2時間おきに体位を変えてあげた

軽い軽い夢が

なくなったらずっしり重かった

« 夢が天国に旅立ちました | トップページ | 夢と心の関係 »

夢心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢が天国に旅立ちました | トップページ | 夢と心の関係 »