« 夢がいっぱい教えてくれたこと | トップページ | 犬の急性膵炎 »

2017年1月14日 (土)

夢 初七日

Photo_3
夢が旅立って1週間

朝からお寺に

御供養のお参りに行ってきた

小雪が散らつく中 心とランも一緒

朝から涙が溢れて止まらない

夢を何で 

あんな寂しい火葬場へ連れて行ったのか

もっと傍に置いておけばよかったのか

そんなことを考えながら

涙が止まらなかった

そして

納骨をお願いするペット霊園へ

ちょうどペットの葬儀が

執り行われていた

私は思わず涙が溢れた

そのペット霊園は

まだ出来たばかりで

私も知らなくて

夢の火葬が終わってから知った

もっと早く知っていれば夢は

ここでやってあげたかった。。

ご住職様と修行僧の方

とっても穏やかで優しくて

御供養も心からされている

霊園はいつでもお参りしてよくて

毎月御供養もしてくれて

飼い主さんも参加できるし

お墓の周りが飼い主さん達が

植えていかれるらしくお花がいっぱい

夢は

突然だったにも関わらず

初七日供養をして頂いた

いろんな話をしていただいて

そして私も沢山

夢の思い出を話させていただいた

Dsc01094
Dsc01306
Dsc01098
ペットの葬儀。。

そこは獣医会とお寺が運営している

そこの場所が本当に

癒される空間

今日は

思い切って行ってよかった

初七日。。。不動明王

 現生に未練を持たないように

不動明王尊の剣で迷いを断ち切り

襲ってくる悪魔から守って頂く。

冥界へと招く役目をしてくださいます。

帰り道

私の心の中でやっと安堵の気持ちが。。

午後からは仕事

いつもなら夢の話題はしないのだけど

生徒さんの一人が知らずに

夢ちゃん大丈夫ですか?って聞いてくれた

私は8日に亡くなったことをお伝えして。。

講座終了後は

皆さんのワンちゃんや猫ちゃんの話で

遅くまでみんなと過ごした

声をかけてくれて嬉しかった

そして

夢の話ができた。。つらいって

言っていいんだ

仕事前にあんなに泣いてたのに

初七日供養で心が晴れていた

生徒さんからも

今日の顔が

一番先生穏やかだと言ってもらえた

夢が闘病中3か月あまり

笑えなかった

生徒さんに感謝 ありがとう

どんな後悔があるとしても

選んだのは私

どんなところで供養をしても

それは場所ではなく

夢を大切に送ってあげたいという

気持ちの方が大事

その時は

私なりに考えての選択なのだから

夢もきっと安らかに旅立てたと思う

ご住職様が

夢ちゃん 大事な人とずっと一緒に

最期を迎えられて幸せでしたねって

言ってくださった

私に抱かれて

眠るように逝った夢に

毎日ありがとうって言おう

夢のように病気と闘っているワンちゃんに

痛みや恐れがなく

飼い主さんの心にも安らぎがありますように

« 夢がいっぱい教えてくれたこと | トップページ | 犬の急性膵炎 »

夢心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢がいっぱい教えてくれたこと | トップページ | 犬の急性膵炎 »